浜田真実の好きな音について語りました。

11年前に配信していたボイスブログ「ほろほろ音日和」の14回目です。
浜田真実と音楽家の重信将志がゆるりと会話をしています。

終盤に、浜田真実と重信将志のオリジナル楽曲「月夜見~Tsukuyomi~」も
少しだけお聴きいただけます。

千葉県民謡・佐原小唄について語りました。

11年前に配信していたボイスブログ「ほろほろ音日和」です。
浜田真実と重信将志が民謡について語っておりますが、
今回は、千葉県佐原市の佐原小唄です。

子どもたちまで唄える佐原小唄。
佐原の人たちの想いが託されています。

ほろほろ音日和~2007年2月21日配信・竹田の子守唄(元唄)

11年前に配信していた5分番組のボイスブログです。

フォークソンググループ「赤い鳥」が歌ってヒットした「竹田の子守唄」。

実は、この唄には元唄があります。
婦人部の女声合唱団の元唄と、重信将志のアレンジ秘話。
浜田真実のこの歌への思いなどをお聴きいただけます。

ほろほろ音日和~2007年1月31日・アトランティスから来た男と民族楽器

11年前に配信していた、マミィズボイススタイルの歌手&ボイストレーナー浜田真実と、音楽家の重信将志のゆるりとした5分間のトーク番組です。

全16回続いた番組の第4回目。
アトランティスから来た男の話題から、手に入れたばかりの民族楽器レインスティックについて語っております。

◆マミィズボイススタイル http://koetokokyu.com
◆重信将志ホームぺージ http://sig-tone.com/music/

ほろほろ音日和~2007年1月10日・クリスタルボウルの音

今から11年前に、音楽家・重信将志と歌手&ボイストレーナーの浜田真実がお届けしていた「ほろほろ音日和」という5分間の短いトーク番組です。

当時夢中になっていた、不思議な楽器・クリスタルボウルについて語りつつゆるい会話が続きます。

どうぞ、お楽しみください。

まほろカンパニーからのご挨拶

日本の古語「まほ-ら」「まほろ-ば」は、「とてもすぐれた場」という意味です。
私は、ずっと幼い頃から、この「」「」「」という語感が好きでした。

この言葉を声に乗せるだけで、ザワザワとしていた気持ちが静かになりました。
小さくかたまった心と身体が、何かにふわりと包まれてゆるやかにほどけるような感覚もありました。

例えるなら、懐かしい故郷の情景を思い出したときに感じる、穏やかな「安心感」。

まほろ」という音の中には、私を本質に立ち戻らせてくれる力がありました。

私は今、歌を歌い、人の声を丁寧に聴き取る仕事をしています。
その中で気付いたのは、どんな人の声にも、「まほろ」の力があるということ。

自分自身の声を、100%受け入れ聴き取ることができるようになると、人は本質に生き、ゆるぎなき安心感と共にいられるようになります。

このサイトは、そんな「まほろ」の声を探し求めてきた私が、2004年から約14年に渡って、折々に綴ってきた文章を私の声に乗せてお届けするための場です。

この場が、あなたと私の「まほろば」であれば。

私の発する「声」や「歌」や「文章」が、あなたと私の「まほろ」になれば。
こんなに嬉しいことはありません。

ゆっくりと、お楽しみいただけましたら幸いです。

まほろカンパニー
マミィズボイススタイル
浜田真実