本文へスキップ

歌と朗読と言葉をつむぐ*まほろカンパニー

朗読の妖精

ほろほろ写真日和Horohoro-photo-biyori

鎌倉ミニ紀行 -いざ!虚空堂-(2004年6月)

ロマンスカー ロマンスカーに乗って
(AM10:10〜)


昨夜は台風で大荒れだったのにも関わらず本日は見事な晴天。早々に鎌倉を目指して出発です。小田急・新百合ヶ丘駅から、ロマンスカーに乗って片瀬江ノ島まで約40分。ちょっとした旅気分です。
片瀬江ノ島駅 片瀬江ノ島(AM10:50〜)

竜宮城のような駅舎でおなじみの片瀬江ノ島駅です。目の前は海。江ノ島はすぐそこです。ここから歩いて約7分で江ノ電の江ノ島駅に着きます。

江ノ電 可愛い江ノ電(AM11:10〜)

レトロ調の車体の江ノ電(江ノ島電鉄)です。目指すは丑寅の守り本尊である虚空蔵菩薩像のある、虚空堂。
丑年の私と寅年の夫にとっては外せない場所です。極楽寺の駅に向かいます。

海! 海!(AM11:20〜)

前日の台風の余波で海は荒れ模様でしたが、やはり良い!!江ノ電の中から見かけただけですが、気持がぐっと広がり、落ち着いて来ます。将来は海の見えるところで生活するのが、我が家の夢です。

極楽寺駅 趣のある極楽寺の駅(AM11:30〜)

森の中にあるような風情の、こじんまりした極楽寺の駅です。浴衣のお姉さんが素敵で、思わす後姿を撮ってしまいました。
駅の周囲には、見事なあじさいが咲き誇っていました。

星の井 星の井(AM11:45〜)

昼間でも星の姿が見えると言われていた星の井です。虚空蔵菩薩の虚空は「空」「宇宙」を現すもの、また蔵とはそれを内包するという意味です。この井戸から現れた光る石に、虚空蔵菩薩のお姿を刻み、信仰したという伝説もあります。

虚空堂入口 虚空堂(AM11:50〜)

明鏡山園満院星井寺です。極楽寺の駅から、成就院に向かって坂道を下った所にあります。小さなお堂ですが、関東では珍しく虚空蔵菩薩像がまつられているお寺です。南無虚空蔵菩薩のノボリが、目をひきます。

極楽寺山門 極楽寺山門(PM12:35〜)

萱葺きの山門です。成就院もこの極楽寺も、とても風情があって良いお寺でした。
境内には、サルスベリや桜の古木があってとても、見事です。この木に会えただけでも来た甲斐があります。

鎌倉ミニツアーもこれにて終了。次の仕事の時間が迫っていたので、大急ぎでロマンスカーに乗って帰宅しました。歴史と海と自然に囲まれた古都鎌倉。大好きな場所です。今度は北鎌倉を中心に歩いてみたいと思っています。


ほろほろ写真日和3へ⇒