本文へスキップ

歌と朗読と言葉をつむぐ*まほろカンパニー

朗読の妖精

ほろほろ写真日和Horohoro-photo-biyori

小笠原の巻(1993年9月)

青い海 青い海

瀬戸内育ちの私は、南国の青い海をみたのは、この時が初めてでした。飽きることなく眺めていると、いつの間にか、心の深い所がこの海の色と同じ青に染まって行く気がしました。

南島 南島

小笠原村・父島の近くにある南島。どこまでも青い海&白い砂。楽園でした。この頃は船で遊びに行けましたが、現在は自然保護のために立ち入り禁止になりました。海に戻れなかった小さなウミガメの赤ちゃんの死骸をたくさん見ました。

船長ほらを吹く 船長、ほらを吹く

この方は私が宿泊した民宿のおじさんです。この船のオーナーでもあります。ナント、民宿の建物もこの船も、全ておじさんの手作り。究極のサバイバーです。先の戦争の時は、乗っていた輸送船が撃沈され、2千人の人が亡くなり、たった3人生き残ったそうです。おじさんはその3人の内のひとり。思い出話をするように、楽し気に話してくれました。そして、おじさんは今日も出航のほらを吹くのでした(音は出ないけど)。

濱田、潜る <浜田、潜る

アウトドアの遊びは苦手だし嫌いです。でもどういう訳か、ダイビングのライセンスは持っています。ただしペーパー。15年間で4回位しか潜っていないし悲しいくらいに下手っぴです。でも小笠原はそんなことを忘れさせてくれる場所でした。なんたって民宿のすぐ目の前がこの海です。これはシュノーケリングに初挑戦しているところ。この下は見事なサンゴ礁の世界です

白い砂 白い浜辺

この浜は真っ白な砂が何処までも続いています。あまりの美しさに泳ぐことも忘れ、ただただ見とれていました。私以外の人達も同じ気持ちだったようです。何もしないこんな時間が人間には必要なのだと痛感しました。 

イルカと泳ぐ人々 イルカと出会う

何度か野生のイルカと泳ぐ機会がありました。のんきそうなイルカの上を、こちゃこちゃと必死で泳いでいるのは私と友人。けっして溺れているわけではありません。気分的には小谷実香子のつもりで泳いでいたのですが…それにしても、この人間たちの余裕のなさといったら。 

3等客室の人々 3等客室の人々

行く時はひとりでしたが、帰りはみんなお友達になってワイワイと船旅を楽しみました。手前に見えるのが、船酔い客のための洗面器。お世話になりました。

さよなら小笠原 さようなら小笠原

小笠原丸が港を出る時に、島中の船がいっせいに小笠原丸を追いかけ、別れを惜しんでくれます。これは父島の名物なのだそうです。誰にということもなく、ちぎれるように手を振って「さよなら〜!」と叫び続けました。恋人を残して来たわけではないのに、涙が止まりませんでした。さようなら小笠原。そして、ありがとう…



ほろほろ写真日和2へ⇒